ダイヤモンド用語集

ダイヤモンドの基礎知識

ダイヤモンド買取に影響の大きいカットの評価、プロポーション

古くから私たちを魅了し続けている美しいものの一つとして宝石を挙げることができます。 宝石はアクセサリーに用いられることが多く、身につけている人をより格調高く見せてくれるという魅力を備えています。宝石には様々な種類があり、人はそれぞれ自分の好みなどに応じて好きな宝石を身につけていますが、数多くある紡績の酒類の中でも最も人気のある宝石の一つとしてダイヤモンドの存在は欠かすことはできません。

宝石の持つ魅力や価値などは人によってそれぞれで、宝石の売買をする場合、売り手と買いダイヤモンドは「宝石の王様」とも呼ばれており、結婚指輪や婚約指輪につける定番の宝石としても高い人気を誇っています。ダイヤモンドの魅力は恒久的な白く美しい輝きにあるといっても過言ではありません。純粋なダイヤモンドは希少価値も高く、非常に美しい輝きを放ちます。

手との金額に開きがあるというケースも決して珍しくはなく、特に国際取引の場合、価値観の違いから金額の違いが度々起こります。

しかしダイヤモンド買取の場合、国際的な共通の価値観が存在しているといっても過言ではなく、価値観の異なる人同士が行う国際取引であっても取引金額に開きは生じないのです。 ダイヤモンドは国境に関係なく多くの人を魅了する宝石であるといっても差し支えありませんね。

ダイヤモンド買取をする場合、一般的な取引相場というものが決まっていますが、ダイヤモンドの価格はダイヤモンドの状態、大きさ、カラー、カットの評価でおおよそのかかくが決まります。 ダイヤモンドの状態とは傷の有無や傷の大きさなどをことをいい、大きさはダイヤの重量の指しており、カラットという単位で表現されます。カラーは文字通りダイヤモンドの色のことで無色に近ければ近いほどダイヤモンド買取価格は高額になります。 この中で一番特殊なものがプロポーション、カットの評価となります。他の要素が天然の要素が強い中でプロポーションが唯一人工的な要素の強いものとなっています。プロポーションがダイヤモンド買取にどのように影響しているのでしょうか。

ダイヤモンドの生命線ともいえるのが、ダイヤモンドが放つ輝きであり、輝きの大きさや美しさが当然ダイヤモンド買取にも大きく影響します。 このダイヤモンドの輝きを大きく左右する要素がプロポーションには秘められているのです。ダイヤモンドに入った光は屈折率によって輝きが大きく変わります。プロポーションの優れたダイヤモンドであればより輝きを放ち、ダイヤモンドそのものの価値を高めてくれるのです。

Copyright(C)2014 ダイヤモンド用語集 All Rights Reserved.