ダイヤモンド用語集

ダイヤモンドの基礎知識

ダイヤモンド買取に関する専門用語と基礎知識

ダイヤモンド買取を利用するときには、ダイヤモンドがどういった基準で価値を決められているのか、また、買取の時に手数料などがどうなっているのかなどを知っておくと、より高額の買取にしてもらえる可能性が生じてきます。

ダイヤモンド買取でダイヤモンドの査定をする方法は、実はそれほど難しくありません。ダイヤモンドには世界相場がありますので、貴金属と同様にそれにしたがって機械的に金額が決められていきます。このときに専門用語としてよく使われる4Cというのは、ダイヤモンドの品質を判断する基準のことで、基礎知識として知っておくと自分でもダイヤモンドのある程度の価値が分かります。この4Cはカット、カラット、カラー、クラリティのそれぞれの頭文字をとった専門用語です。それぞれ、カットの技術力や美しさ、ダイヤモンドの重量、色味、内包物や傷などの有無を指しており、いくつかのグレードに分けられています。鑑定書にはこれらのグレードが記載されてますが、ダイヤモンド買取業者が独自にグレードを判断して相場に照らし合わせて価格を決めることがほとんどです。そのため、グレードの基準ぎりぎりの品質のダイヤモンドの場合、持ち込んだ業者によって上位グレードの買取になったり、下位グレードの買取になるといったことがあります。

したがって、ダイヤモンド買取でより高く買い取ってもらうためには、自分のダイヤモンドの品質を把握しておいて、上位グレードで判断してくれる業者に持ち込むのがおすすめです。また、鑑定書はグレードを判断するときの基準として信頼性のあるものですので、手元にある場合には一緒に業者に持ち込むことをお勧めします。これによって買取り額にプラス査定が加わることも多いです。

また、相場によってダイヤモンド買取り額は毎日変化しています。持ち込むのは相場が高くなった日を狙うのがベストですが、地金がついている場合には、その地金の貴金属価格の相場もチェックしておきましょう。ダイヤモンドと地金の割合次第では、地金の相場が高いときの方がトータルの買取り額が高くなるといったこともあります。また、地金だけ買い取ってもらってダイヤモンドを後日買い取ってもらうといった利用方法も可能ですので、相場の差が大きいときなどは業者に石をはずしてくれるように相談してみましょう。持ち込む商品は破損していてもその価値によって同じように判断されますので、高額になりやすいです。

ダイヤモンド買取は高額買取を狙える買取店へ

更新情報

2016/12/08 ダイヤモンド買取に関する専門用語と基礎知識

2016/11/15 ダイヤや宝石類が不要なときはダイヤモンド買取に売ることが可能

2016/09/08 永遠の絆の意味をもつ結婚指輪はダイヤモンド買取に売れます

2016/09/08 ダイヤモンド買取に関する専門用語と基礎知識

2016/03/01 ダイヤモンド買取に関する専門用語と基礎知識

2015/09/04 お守りや護身布になるダイヤは、ダイヤモンド買取に売却できる

2015/06/24 ダイヤモンド買取の宝石知識。ダイヤに込められた意味

2015/06/16 ダイヤモンド買取の宝石知識。ダイヤに込められた意味

2014/12/09 コンクッションマークによる傷痕がダイヤモンド買取に及ぼす影響

2014/12/09 コンクッションマークによる傷痕がダイヤモンド買取に及ぼす影響

Copyright(C)2014 ダイヤモンド用語集 All Rights Reserved.